風音コンテスト vol.50

1位は、中野博志さんの作品に決定!

大きな画像がフリッカーでも見られます 

岡本さんに一票お願いします。
 色味も可愛いし、見ていて元気になれる写真でした! 草野

草野さんに1票。 光の具合が好みです。 中野

田中さんでお願いします!
 カッコイイし、いつのまにか作品を読み解こうとしてしまっています。 倉橋

風音は草野さんに1票。雰囲気が好きです。 高橋
田中さんの作品でお願いします!上原

中野さんに一票   田中

自己表現をするために写真をツールとして利用することで生まれるものより、

語りやすい作品のほうに人の目は吸い込まれると最近思う。

"Little red riding hood"は観る人に言葉を多く語らせてしまう作品だ。

中野さんの連作?に近い流れを途切れることなく撮りづけていること。

それは単眼的にカメラを向けて積み重ねていく先ではなく、

複眼的に全体の一部としての写真を撮りピースとして一部を収めていく息が長く、

広がりのある域に向かっている。 そう期待させてくれる。

最近僕は明確な言葉で自分の写真説明を求められる場面で、

枝葉のある言葉で森を表せるぐらいの展開のある写真が自分には足りないと痛感しました。

この作品には観る人がそれぞれの言葉で、それぞれがストーリーテラーになれる窓口の広さがあり羨ましい。

批評性を持った作品か物語性をもった作品か。

過去の自分をトレースすることよりも、破棄し新たな足型に履き替えることが

次に進むことにつながると思っていました。 

けど、トレース=敷き写すことの繰り返しが厚みのある物語を、なぞるように描

く二枚目と一枚目の必然的に発生するズレが言葉の振幅を膨らますと。 中野さんの作品群から教わりました。

"Little red riding hood"のような作品が街中にあれば、人は足を止め、語り始め、

作品は瞬く間に一人歩きで言葉に乗って広がってゆく。

 広告という形で。  (僭越ながら)中野さんが広告業界での活躍をまた確信させてくれる一枚でした。 

本吉さんにいれます。 石田

草野さんに一票おねがいします◎

 ビー玉の色とりどりの光も綺麗だし、

 それを手のひらでそっと包み込んでる雰囲気も、好きです❃ 竹中

草野さんに一票でお願いします 角野

竹中さんでお願いします!

 写真の空気感というか、とても好みでした!あと。。。鹿がかわいいです。大島

中野さんを1位にします。

 メールで届いた写真を開いた時に「あー綺麗だな」と率直に、そう感じました。

 2位は、本吉さん。写真ならではの時間表現!いいですね。 佐久本眞美

石田さんに一票です。

 この瞬間にカメラを持っていた事、このタイミングでシャッターを切ろうと思った事

 一歩引いたような広い画角で撮っている事が良いなぁ、「写真」だなぁと思いました 本吉

一等賞 / 苦労豆賞 中野博志くん・・・続きは幸男のつぼ焼きで!

中野さん1票お願いします。

インパクトと言うか、映画みたいな ハラハラした感覚で見てしまいました。 溝口

岡本さんに一票でよろしくお願いします。
すごくプリティーだと思います。 飯久保


Facebookからの「いいね」表の集計
中野 博志 ・・・ 13
草野真美恵 ・・・ 5
本吉孝光   ・・・ 5
田中 伶    ・・・4
高橋 知子  ・・・ 2
大島 椋汰  ・・・ 2
角野 瑞樹   ・・・ 2
岡本 京子   ・・・ 1
倉橋 竜矢   ・・・1
石田 郁実   ・・・1
溝口 奈央   ・・・1
飯久保忠士  ・・・1
竹中桃子   ・・・1


『Little Red Riding Hood』
カメラマン 中野博志
「雨の想い出」
カメラマン 高橋知子


カメラマン 岡本京子


こたえ

カメラマン 石田郁実


カメラマン 倉橋竜矢


カメラマン 溝口奈央


カメラマン 飯久保忠士


Witches burn witches.
カメラマン 田中伶


「憧れの夏」
カメラマン 大島椋汰


カメラマン 角野瑞樹


「掌の郷愁」

カメラマン 草野真美恵


カメラマン 上原友実


「こもりうた。」

カメラマン 竹中桃子


カメラマン 本吉孝光


カメラマン 萱原 優